ホーム  >  Reの家とは

「Reの家」・・・それはもはや中古住宅ではありません。

 

新築至上主義。一昔前まではそうだったかもしれませんが、

今は、住宅購入者の意識も変わってきていて

中古住宅を購入される方も増えてきています。

 

その背景にあるのが、人口の減少。  

ついに日本の住宅の数が、世帯の数を上回りました。

今、住宅は余っています。

そんな状況の中で、日本の住宅意識も少しずつ変わってきました。

 

「この余っている住宅、使えるんじゃないか?」

 

確かに誰もが新築一戸建てを夢見ます。

しかし、すべての人が叶えられるわけではありません。

良い土地が見つからなかったり、金額的に難しかったり・・・。

そんな人たちが目を付けたのがこの「余っている住宅」。

立地条件などの絶対に譲れない条件を満たす場所にあるのは

意外にも、土地よりも「余っている住宅」だったりします。

また、人々のライフスタイルも変わり、

人によって住宅に求めるものも、多種多様になってきました。

そんな中で、自分の求める住宅を手に入れるには高いけど注文住宅しかないのか・・・。

そんなことはありません。

人が住宅に求めるものが変わるのと同じで、住宅の形も変わってきています。

 

「リノベーション」という選択。

 

リノベーションとは、古くなって時代に合わなくなった住宅の用途・機能を変更し、

その時求められる姿に変えて、住宅の性能・価値を高めることです。

簡単に言えば、間仕切りなどを一度すべて取り払い

間取り・設備などをその時求められる姿に一新し

住宅に新たな価値を引き出すことです。

躯体などの使えるものを最大限利用し、

自分の望む住宅を手に入れる新しい住宅の形です。

 

今、従来からの新築至上主義という考え方とは違って、

「余っている住宅」を使って「リノベーション」をするという選択をされる方が増えています。

新築にこだわらなくても、立地条件をクリアした場所で

新築に比べ低コストで、理想の住まいを手に入れることができると気付いた方々が

続々と理想の住まいを手に入れています。

 

「余っている住宅」+「リノベーション」の「Reの家」では

新しい住宅の形で

皆さんの理想のお住まい造りのお手伝いをさせていただきます。

西橋本2丁目中古販売中



リフォームできる制震工法

 


Country Styleのリノベーション

 

Reの家スタッフ写真


スタッフブログ

LOHASに挑戦

稲妻ジャパンSのブログ

  ありちゃん現場に行く

はる疾風伝。。。

新人はじめての〇○  

 

壁塗り体験会のご案内

 

 

 

    相陽建設株式会社


 

 

 サイトマップ

 

   ↑最近始めました。


ページトップへ