ホーム  >  2011/5/12|肉の生食の危険性

5/12

肉の生食の危険性について

 

 

相模原市より

肉の生食についての注意が促されております。

 

 

日本には、魚を刺身で食べる文化があるため、

「新鮮な物は生で食べられる」と思っている人が多いようです。

しかし、食肉には、「腸管出血性大腸菌」、「カンピロバクター」などの食中毒菌が付着している場合があり、

近年、ユッケ、レバー刺し、鶏刺しなど、

食肉の生食や加熱不十分による食中毒が多発しているので注意が必要です。

私達がすぐできる対策としましては、

・十分加熱してから食べる。(75℃1分程度が必要)

・焼肉等を食べる際は、生肉を扱う調理用の箸と食事用の箸を分ける。

といったことが挙げられます。

 

詳しくはこちらから。

 

 

ニュースを聞いていると、何を信じて良いものか分からなくなります。

自分の身は自分で守らなければいけません。

皆さんも、生肉を扱う際は、十分に注意して下さい。

西橋本2丁目中古販売中



リフォームできる制震工法

 


Country Styleのリノベーション

 

Reの家スタッフ写真


スタッフブログ

LOHASに挑戦

稲妻ジャパンSのブログ

  ありちゃん現場に行く

はる疾風伝。。。

新人はじめての〇○  

 

壁塗り体験会のご案内

 

 

 

    相陽建設株式会社


 

 

 サイトマップ

 

   ↑最近始めました。


ページトップへ